クリニックBLOG

2010年11月30日 火曜日

冬に多い病気Ⅰ

グッと寒くなってきましたね。
風邪が流行っているようなので皆さんお体には気を付けましょう。

そこで、犬猫で冬に多い病気は一体なんでしょう?

先日、ペットの保険会社anicomより冬に保険請求の多い疾病の発表がありました。
犬の1位は「筋骨格疾患」、猫の1位は「下部尿路疾患」(膀胱炎など)ということでした。

やはり動物も冬になると関節の節々が痛みだすのですね。

写真はやはり今年、寒くなってから来院された症例のレントゲン写真です。
背骨の腰部分に強い変形がみられます。これだけの変形がでるにはかなりの時間が経過していると思うのですが、痛みの症状がでたのはやはり気温が下がり始めてからでした。
変形性関節症は根本治療が困難な症例が多いため、痛み止めや消炎剤で治療することがほとんどです。
また今では動物にも関節をサポートするサプリメントもあります。関節面には軟骨組織があるのですが、関節の変形があるとその面が擦り減ってきてしまうのでそこを補うためのサプリメントです。
それにより痛みの緩和につながります。
グルコサミンや硫酸コンドロイチンなどが含まれていて、ヒトと同じですね。

くりの木動物病院
http://www.kurinoki-ah.com



投稿者 くりの木動物病院

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31