クリニックBLOG

2011年2月 3日 木曜日

動物も高齢化!

先日、高齢期犬猫についてのセミナーに参加してきました。

現在、日本で飼育されているワンちゃんのうち実に55%が7歳以上ということです。
大型犬では7歳はすでに高齢期に入りますが、小型・中型犬や猫の7歳はヒトに換算すると約44~45歳ぐらいと考えられています。
下図は犬・猫の年齢をヒトにあてはめた時のグラフです。
     クリックで拡大します。

グラフでみるとおり、一般的には小型犬や猫は11~12歳で高齢期(ヒトでいうと約60歳)、大型犬では7~8歳ですでに高齢期となります。
ただ実際には小型犬や猫でも7歳ぐらいになると消化吸収機能が低下することがわかっており
市販フードのシニア用の多くは7歳以上から与えるようになっています。

病院に来院するワンちゃんネコちゃんもやはり高齢の子たちが多くなっています。
(高齢になるほど病気が多くなるので当然ではありますが・・・)
やはり日ごろからの予防やケア、検診は重要だなと改めて実感したセミナーでした。

くりの木動物病院
http://www.kurinoki-ah.com



投稿者 くりの木動物病院

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31