クリニックBLOG

2015年3月27日 金曜日

獣医再生医療学会

先日、日本獣医再生医療学会に参加してきました。



新しい分野の治療法であり、いままさに色々な病気に対して再生医療の適応が検討されています。

当院で実施できる再生医療としては動物の皮下脂肪からとりだした幹細胞を培養して体内にもどす脂肪幹細胞療法があります。
脂肪由来幹細胞療法では椎間板ヘルニアなどによる脊髄損症による麻痺、腎不全(糸球体腎疾患など)、肝炎などに対して使用されて効果が得られています。また難治性のアトピー性皮膚炎や様々な免疫関連の疾患に対しても効果がみられます。

また、再生医療とは異なりますが、腫瘍、がん患者からとりだしたリンパ球を体外で培養、活性化しまた体内にもどす活性化リンパ球療法、いわゆる免疫療法も乳癌や肝臓癌などいろいろなタイプの悪性腫瘍に対する治療効果の報告が挙がっています。
当院でも皆様に、手術、抗がん剤治療、放射線治療に次ぐ第4の選択肢として提案しています。

どんどん発展する治療と思いますが、自己の細胞を使用するため副作用がほとんど見られないというのも魅力です。
なかにはアンチエイジングのために活性化リンパ球療法を実施しているワンちゃんもいるそうです。

ご興味のある方はこちら(当院サイト別ページ)もご覧ください。


くりの木動物病院Facebookページ
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet




磯子区のくりの木動物病院、金沢区、港南区からのアクセスも良好です。




投稿者 くりの木動物病院

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31