クリニックBLOG

2016年3月22日 火曜日

花粉症はつらいよ

憂鬱な時期がやってきてしまいました...。そうです、花粉症の季節です。
私は中学生のときに突然発症してから、スギやらブタクサやらハウスダストやらのアレルギーで春以外でも症状が出ます。

多くの人たちが悩まされている花粉症ですが、ワンちゃんにもあるのでしょうか?

答えは「はい」です。
人の場合、鼻水・くしゃみ・鼻づまりなどの鼻炎症状が特徴ですが、ワンちゃんは主に皮膚に症状が出るようです。
時々、飼い主さんから「お散歩から帰ってきたら痒がる」や「決まった時期になると痒がる」といったご相談を受けることがあります。
もしかするとそれは花粉のアレルギーかもしれません。

ワンちゃんの皮膚は人よりも薄くデリケートに出来ています。人で花粉症による痒みというと目の痒みですが、これは目の周りの皮膚が他と比べてデリケートだからです。ワンちゃんの場合、特に脇の下やお腹、口周り、眼の周り、耳などの皮膚が薄い部分に痒みや発赤が起こる事が多いようです。

ただ、花粉とは関係なく皮膚症状が出ている場合もあるので、痒がっているようなら自己判断せず、まずは診察をお勧めします。
そろそろ狂犬病やフィラリア・ノミダニの予防シーズンが始まります。何か気になる事がありましたら、予防ついでにさらっとご相談いただければと思います。



↓ 私たちは大丈夫だも~~ん とご機嫌な二匹です。


獣医師 松田知子

投稿者 くりの木動物病院

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30