クリニックBLOG

2016年6月 9日 木曜日

栄養素とその働きについて ~炭水化物~

第3回目は炭水化物についてお伝えします♪


炭水化物は消化酵素によって分解される「糖質」と分解されない「食物繊維」に分けられ、生命活動に必要なエレルギーを供給します。特に脳や神経細胞はエネルギー源としてブドウ糖を利用するため、一定の炭水化物を食事から摂ることが重要です。

糖質には単糖類(ブドウ糖など)、二糖類(乳糖、麦芽糖など)、小糖類(オリゴ糖)、多糖類(でんぷん、グリコーゲンなど)があります。通常動物が食べ物として摂取する主な糖質は多糖類のデンプンです。

食物繊維は消化酵素では分解されず、一部が腸内細菌によって分解され、可溶性繊維と不溶性繊維に分けられます。


炭水化物(ブドウ糖)は脳の活動に不可欠なエネルギー源で、不足すると犬では低血糖やタンパク質の代謝に負担がかかるなどします。
猫では炭水化物の含有量が少なくタンパク質が多い食事でも、十分な血糖レベルを維持することができます。



脳といえば、シニア犬も人と同じで、脳内活性が大切です♪
普段はしない遊びを取り入れたり、新しい技にトライしてみたりするのも良いですね。
でも、嬉しい事をたくさんしてあげることも大切ですが、やりすぎはかえってストレス要因になる事もあります。
適度な、簡単に出来るやさしい体験をプラスしてみてくださいね。

例えばいつも歩かないような場所や、ちょっとでこぼこした軟らかいものの上を歩かせてみる。
触れた事のないものに触れることは、皮膚細胞を活性化させて脳に刺激が伝わるのでお勧めですよ。
楽しみながらやってみて下さいね♪



スタッフ ふじもと
http://b-ket.jimdo.com/
ペットマッサージセラピスト/シニアドッグケアアドバイザー

くりの木動物病院 facebook
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet


磯子区のくりの木動物病院は笹下釜利谷道路沿いにあり、金沢区、港南区からのアクセスも良好です。

投稿者 くりの木動物病院

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31