クリニックBLOG

2016年7月15日 金曜日

栄養素とその働きについて ~ビタミン~

第6回目はビタミンについてお伝えします。

ビタミンには微量で生体の機能や代謝過程を円滑にする働きがあります。

脂溶性ビタミンA,D,E,K
一定量の脂肪を一緒に接種することで効率よく吸収されるが、脂肪に蓄積されるので
過剰摂取に注意が必要です。

水溶性ビタミンB群、ビタミンCに分けられます。
水溶性ビタミンは過剰に摂取しても尿と一緒に体外に排出されるので取り過ぎの心配はないのですが、
毎日食事から必要量接種することが大切です。


ビタミンCは抗酸化物質であるビタミンEの再生を可能にして
抗酸化物質として働きます。

シニア犬の食餌には、ハーブのローズヒップや、
抗酸化物質のサプリメントを追加してあげるのもおすすめです。



スタッフ ふじもと
http://b-ket.jimdo.com/
ペットマッサージセラピスト/シニアドッグケアアドバイザー

くりの木動物病院 facebook
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet


磯子区のくりの木動物病院は笹下釜利谷道路沿いにあり、金沢区、港南区からのアクセスも良好です。

投稿者 くりの木動物病院

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30