院長コラム

2017年3月 2日 木曜日

猫の心臓病、肥大型心筋症について

猫ちゃんでも心臓病があることはご存知でしょうか。
実は、心臓病は猫ちゃんの死因第4位です。
(ちなみに第1位ガン、第2位腎不全、第3位猫伝染性腹膜炎...)
まあ猫も人も基本的な体の構造は同じなので、人が罹る病気が猫に発症しても不思議はないと言えますが、
やはり動物種によって発症しやすい病気は異なります。
猫の心臓病で最も多い病態が肥大型心筋症です。
肥大型心筋症が進行すると肺水腫による呼吸困難や血栓塞栓症を引き起こし、亡くなる子が多くなります。

肥大型心筋症といっても加齢とともに発症するもの、甲状腺機能亢進症などのホルモン疾患から続発性に発症するもの、
あるいは左室流出路障害(SAM)といった解剖学的な構造異常から発症するものと様々です。
最近では若い若齢の猫で急性心不全、肺水腫を引き起こして呼吸困難で病院に来院する子もいます。

症例①写真は肥大型心筋症から肺水腫を引き起こした3歳の雄の猫ちゃんの胸のレントゲン写真です。
  
VD像(仰向け)           Lateral像(横向き)
矢印で示したところが拡張した心臓です。いわゆる典型的なバレンタインハートという形状を示しています。
肥大型心筋症の影響で肺水腫や軽度の胸水が貯留しており、またそのせいで心臓が見えにくくなっています。

肺水腫により呼吸困難症状がでているときは入院下での酸素化と投薬(利尿、強心)治療が必要となります。
次の写真は1週間の入院治療後のレントゲン写真です。
肺水腫が治ってきたので、上の写真と比較して心臓がくっきり見えるように、また心臓自体も小さくなっています。
  


症例②またさらに若い7ヶ月の猫ちゃんでも発症することがあります。
下の写真は、やはり肺水腫のせいで肺が真っ白になり、心臓などの陰影が見えなくなっています。
  
この子も急に発症し、飼い主さんが気づいた時には「血の混じったピンク色の液体を吐いて倒れていた。」とのことでした。
(肺水腫が進行すると肺から水があふれ出してピンク色の液体が出てくることがあります。この状況になるとかなり重篤です。)
またお腹のところに大きく黒く丸いものがみられますが、これは空気を含んだ胃です。
心臓病に限らず呼吸困難を起こした子は苦しいので、一生懸命空気を吸い込もうとして、空気を飲み込んで胃がこのように膨らんでいることが多くあります。

  
上の写真は入院治療後の写真ですが、肺水腫がひいて、心臓の陰影がしっかり見えています。

症例①、症例②の子はともに若く、その他に特別な病気をかかえていないため、治療に良く反応してくれましたので、現在は通院しながら投薬治療を続けています。
生活もほぼ通常通りの生活をおくれています。

しかしながら、肥大型心筋症は非常に怖い病気であり、早期発見がその後の予後を大きく左右します。
日常的に咳や運動不耐性(運動時にすぐ疲れる、息切れする)などの症状がみられた場合は心臓病の可能性もあります。

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2016年10月14日 金曜日

気管虚脱(呼吸器疾患)

最近、病院に咳を主訴に来院されるワンちゃんが多いです。
ワンちゃんの発咳は主に心臓、肺、気管・気管支のいずれかに何らかの異常をきたしていることが原因として考えられます。

今回は、とくに気管の病気で気管虚脱という病気のお話です。
気管虚脱は中高齢以上の小型犬のワンちゃんに多く発症し、かなり強い発咳を特徴とします。
咳の音は、よくアヒルやガチョウの鳴き声「ガーガーッ」という音がするというように表現されます。
原因としては気管を形作る軟骨が弱って柔らかくなり、呼吸するたびに気管がつぶれてしまうため、咳を引き起こします。
また気管は呼吸した空気の通り道ですので、つぶれてしまうと空気を吸えなくなり呼吸困難を引き起こします。

ほとんどの症例が発咳の様子や、聴診、レントゲンのみで診断することができます。
症例1:次の写真は胸部気管虚脱の症例です。
   
写真で首から続く黒いラインが気管です。上は息を吸った時の写真です。首から胸の中まで一定の太さで気管が確認できます。
下の写真は息を吐いた時の写真です。矢印のあたりで気管が見えなくなっていることがわかると思います。この子は息を吐いたときに胸部の気管が虚脱してしまうタイプの気管虚脱です。

症例2:次に頚部(胸腔入口の)気管虚脱の症例です。
  
上の写真が息を吸ったとき、下の写真が息を吐いたときになります。今度は先ほどの症例とは逆で息を吸ったときに頚部から胸腔入り口の気管が虚脱して、息を吐いたときはしっかり気管が開いているのがわかると思います。
このように気管虚脱は虚脱をおこす部位によって、息を吸ったとき、吐いたときのどのタイミングで虚脱を起こすかが変わります。

気管虚脱は気管を支える気管軟骨の脆弱化や胸腔内の圧力が増すことにより引き起こされます。そのため胸腔内圧が増す原因を取り除くことで症状が軽減されることが十分に期待できます。
具体的には肥満の解消や気管の炎症を抑えること、あるいは咳そのものを鎮咳剤などで抑えることにより改善がみられます。

ただし虚脱の程度がひどすぎると呼吸困難を起こすため外科的な治療が必要となることがなります。
外科治療では気管の虚脱(つぶれ)を防ぐために気管の周囲に気管外プロテーゼというものを気管に巻き付けて矯正する方法、または気道内ステントというものを留置して矯正する方法があります。

今回、症例2では繰り返し失神を起こし、外科治療が必要と考えられた症例でした。まず状態安定のため気切チューブという気道を確保するためのチューブを設置し、抗炎症治療を開始しました。
 
2週間ほど気切チューブを留置し、抗炎症治療を継続したところ、全く咳がみられなくなったため、気切チューブを外してみたところ咳もほとんどなくなり、呼吸困難で失神を引き起こすこともなくなりました。
この症例では発咳により気管内の炎症が悪化し、呼吸困難を引き起こしていたと考えられました。そのため2週間、気切チューブにより虚脱を防ぎ、咳を抑えることによって炎症が治まり気管虚脱そのものも軽減されたものと考えられます。その後、3年ほど体重管理などを含め経過を診ていますが散発的に咳が起こる程度でほとんど内科療法も必要なく過ごすことができています。

気管虚脱では呼吸困難による失神を引き起こす病態であっても、炎症の管理、体重の管理などにより状態を安定化させることができる症例を経験することが多くなっています。

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2016年3月15日 火曜日

冬に多い病気の話・・・膀胱炎

病気には季節により、発症が多くなる病気があります。
ヒトではこの時期から花粉症がみられるようになったりしますよね。
動物でも夏の暑い時期に皮膚病や外耳炎が悪化しやすかったりします。
そして冬の寒い時期に発症が多くなるのが膀胱炎です。

膀胱炎といっても、とくに猫で特発性下部尿路疾患という病気になってしまう子が増えます。
理由としては飲水量の低下やトイレを我慢することが考えられます。
冬の寒い時期は猫も動きたがらなくなって、なるべく暖かい所で丸まってじっとしている子が多いようです。
そうすると自然と水の飲む量が減ってトイレに行く回数が減ってしまうのです。

猫はもともと水の摂取量が少ない動物で、さらに水の飲む量が減ってしまうとオシッコ中の水分が減り、膀胱の中に濃いオシッコが溜まってしまいます。濃いオシッコ中にはとくにストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)という結石が析出しやすく、それ自体が膀胱や尿道を傷つけ、いわゆる膀胱炎症状、頻尿や血尿がみられるようになります。
とくに男の子はペニスのところで尿道が細いために結石がつまって尿道閉塞を起こすことがあります。そうすると全くオシッコがでなくなってしまい、1-2日すると腎不全を引き起こし、最悪の場合、死に至る場合があります。

対策は飲水量を増やし、オシッコの量を増やすことです。
具体的には①食事中の水分量を増やすためにウェットフードを与えたり、②水飲み場を増やしてあげる、③トイレを常に清潔に保つ(汚れたトイレで排泄するのを嫌がる子が多いです。)など日常生活で注意できることがあります。

再発が多い病気でもありますので、とくに繰り返す子は、飲水量・尿量が増えるように特別に設計されたフードを与える事も有効な方法です。

いつも遠ーくを見つめながら排尿をしている院長の家のサスケくんです。


院長

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2015年7月 6日 月曜日

猫の集会                    横浜市磯子区/金沢区/港南区エリアの動物病院

先日、院長の松田は猫の集会なるセミナー、勉強会に参加してきました。

近年、犬の飼育頭数はそれほど増えていないのですが、猫の飼育頭数は増加傾向にあります。
少し前はイヌ派、ネコ派を比べると断然イヌ派が多かったのですが、最近は猫の魅力に取りつかれる人がどんどん増えています。
そうすると動物病院としても猫を受け入れる態勢を今以上に整えなければなりません。



病気においても猫がかかりやすい病気があったり、色々な病気に対する治療法も犬とは異なったりします。
当然のことですが、「猫は小さな犬ではない。」と昔から獣医師のなかではいわれています。

猫は、犬以上に繊細で神経質な動物です。
病院に連れてくるためにキャリアに入るのが苦手な子も多いです。また、病院に来院して色々な刺激で興奮してしまったり、逆に委縮してしまったりする子も多くいます。
そんな子達にいかに動物病院を「好き」にならないまでも慣れてもらうかが重要です。

たとえば、病院が大嫌いで来院するといつも興奮してしまう猫ちゃんの場合、飼い主さんにとっても病院に連れてくるのを避けるようになってしまうかもしれません。また興奮しすぎる猫ちゃんの場合は、他の子が受けられるごく簡単な検査でさえ出来ないかもしれません。それはその子にとって、やはり不幸なことだと思います。

猫が病院嫌いになってしまうのはその子の性質・性格だけではないはずです。
病院で受けた刺激(例えば待合室での犬の鳴き声や注射などの痛い思い出)が一因になっているかもしれません。
猫に優しい病院を目指して当院でも出来る取り組みを始めようと考えています。




磯子区のくりの木動物病院は笹下釜利谷道路沿いにあり、金沢区、港南区からのアクセスも良好です。

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2015年3月27日 金曜日

獣医再生医療学会

先日、日本獣医再生医療学会に参加してきました。



新しい分野の治療法であり、いままさに色々な病気に対して再生医療の適応が検討されています。

当院で実施できる再生医療としては動物の皮下脂肪からとりだした幹細胞を培養して体内にもどす脂肪幹細胞療法があります。
脂肪由来幹細胞療法では椎間板ヘルニアなどによる脊髄損症による麻痺、腎不全(糸球体腎疾患など)、肝炎などに対して使用されて効果が得られています。また難治性のアトピー性皮膚炎や様々な免疫関連の疾患に対しても効果がみられます。

また、再生医療とは異なりますが、腫瘍、がん患者からとりだしたリンパ球を体外で培養、活性化しまた体内にもどす活性化リンパ球療法、いわゆる免疫療法も乳癌や肝臓癌などいろいろなタイプの悪性腫瘍に対する治療効果の報告が挙がっています。
当院でも皆様に、手術、抗がん剤治療、放射線治療に次ぐ第4の選択肢として提案しています。

どんどん発展する治療と思いますが、自己の細胞を使用するため副作用がほとんど見られないというのも魅力です。
なかにはアンチエイジングのために活性化リンパ球療法を実施しているワンちゃんもいるそうです。

ご興味のある方はこちら(当院サイト別ページ)もご覧ください。


くりの木動物病院Facebookページ
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet




磯子区のくりの木動物病院、金沢区、港南区からのアクセスも良好です。


投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL