院長コラム

2015年3月27日 金曜日

獣医再生医療学会

先日、日本獣医再生医療学会に参加してきました。



新しい分野の治療法であり、いままさに色々な病気に対して再生医療の適応が検討されています。

当院で実施できる再生医療としては動物の皮下脂肪からとりだした幹細胞を培養して体内にもどす脂肪幹細胞療法があります。
脂肪由来幹細胞療法では椎間板ヘルニアなどによる脊髄損症による麻痺、腎不全(糸球体腎疾患など)、肝炎などに対して使用されて効果が得られています。また難治性のアトピー性皮膚炎や様々な免疫関連の疾患に対しても効果がみられます。

また、再生医療とは異なりますが、腫瘍、がん患者からとりだしたリンパ球を体外で培養、活性化しまた体内にもどす活性化リンパ球療法、いわゆる免疫療法も乳癌や肝臓癌などいろいろなタイプの悪性腫瘍に対する治療効果の報告が挙がっています。
当院でも皆様に、手術、抗がん剤治療、放射線治療に次ぐ第4の選択肢として提案しています。

どんどん発展する治療と思いますが、自己の細胞を使用するため副作用がほとんど見られないというのも魅力です。
なかにはアンチエイジングのために活性化リンパ球療法を実施しているワンちゃんもいるそうです。

ご興味のある方はこちら(当院サイト別ページ)もご覧ください。


くりの木動物病院Facebookページ
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet




磯子区のくりの木動物病院、金沢区、港南区からのアクセスも良好です。


投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2015年3月13日 金曜日

内視鏡ビデオシステムを導入しました。            横浜市磯子区/金沢区/港南区エリアの動物病院

内視鏡は嘔吐や下痢の動物の胃・十二指腸、あるいは大腸を観察することができます。
また生検鉗子という道具を使って組織を一部とって病理検査を行うことができます。
消化管の病変は血液検査やレントゲン検査だけでは診断できないことが多いので、とくに慢性の嘔吐や下痢がみられる子の診断には役立ちます。



また実は動物の場合、内視鏡が一番活躍する場面は異物の誤食です。
誤食した異物が嘔吐により吐き出せるものであれば良いのですが、吐かせたりすると危険な鋭利な物の場合であったり、あるいは吐き出すことができないものの場合は、内視鏡でとりだすことができることが多くあります。
誤食をしても胃の切開をせずに、より侵襲性の低い処置で取り除くことが可能になります。

くりの木動物病院Facebookページ
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet



磯子区のくりの木動物病院は金沢区、港南区からのアクセスも良好です。

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2015年3月12日 木曜日

4月の診療時間変更のお知らせ

だんだんと暖かくなってきて、狂犬病予防接種の季節がやってまいりました。

今年4月からは狂犬病予防の手続きが病院窓口でできるようになります。
どういうことかというと、いままでは狂犬病ワクチンを病院で接種した場合、一度病院で登録の費用をお預かりして、後日、狂犬病予防済票や鑑札をご郵送していましたが、今年度からは病院窓口で登録費用をお支払いいただくと、その場で予防済票や鑑札を発行できるようになります。

狂犬病予防接種料:¥3050
予防済票交付料 :¥550
(初めての狂犬病予防接種で登録がまだの方は登録料¥3000がかかります。)

また4月は院長が狂犬病の集合注射に出動するため診療時間の変更がございます。
4月2日7日16日18日21日は午前中が休診となります。
いずれも午後から通常診療となります。
ご迷惑をお掛け致します。


くりの木動物病院 松田




磯子区のくりの木動物病院は金沢区、港南区からのアクセスも良好です。

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL