クリニックBLOG

2018年6月13日 水曜日

猫のマウンティング

時々供血猫として活躍している、触ると噛みつくサスケ君に新たな悩みが発生しました...。
夜ベッドで寝ていると、サスケが身体の上に乗っかり、いつまでもいつまでもフミフミするようになったのです。
フミフミだけなら、「甘えてるのね」とほっこりなのですが、さらに腰を落としてフリフリしてくるんです。
何度もベッドから(引きずり)降ろしても、上がってきてフミフミ・フリフリ...。重いし痛いし寝られません。
不思議なことに他の家族にはやらないのです。昼間ベッドやソファーでやる素振りもありません。そうです、私と娘が寝ているときだけやるんです。この行動は何なのでしょうか?

調べてみると、それはマウンティングという行動のようです。
猫のマウンティングとは、対象の上に乗り、腰を上から押し付けてくるような行動を指します。飼い主さんの体にする場合は、手や足を噛む、腰を押し付けるといった行動になります。
発情期の性行動のひとつとして考えられていますが、その他にも2つの意味があるのです。それは「優位性誇示」「転位行動」。優位性誇示という字面は何となく嫌な予感がしますね...。

〇優位性誇示:多頭飼いの猫によく見られます。他の猫よりも優位に立ちたいという本能から、自分が上だとアピールする行動です。
〇転位行動:自分のやりたかった事が出来ないストレスから、気持ちを落ち着かせようと全く関係ない行動を取る事をいいます。その中にマウンティング行動も入ります。

優位性誇示でも転位行動でも、飼い主さんに対してマウンティングをする場合はすぐに止めさせた方が良いといえます。
優位性誇示の場合、飼い主さんを下に見ている意味となるからです。......サスケめ。
転位行動の場合は、飼い主さんが噛まれたり引っかかれたりしてケガをしないように止めさせるという意味になります。

マウンティングは本能からの行動なので、しつけだけで止めさせることは難しいでしょう。ただストレスや運動不足によってマウンティングすることが多いので、ストレスを発散させる・感じさせない環境を作ってあげることが大切です。たま~~にやってしまうくらいで、ケガや家具などを傷つけない程度なら、それ程気にしなくても大丈夫のようです。飼い主さんにする以外はですけれど(笑)




↓最近ソファーの下で寝ている事が多いです。にゅ~っと出てくるとビックリします


投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年5月16日 水曜日

動物看護士さん募集!

くりの木動物病院では新規移転、病院拡張に伴い、一緒に働いていただける動物看護士さんを募集しています。
当院では患者様、飼い主様とのコミュニーケーションを重視し、丁寧なケアを心がけています。

職種:動物看護士(正社員・パート)
条件:経験不問、動物好きで飼い主さん、患者さんと明るくコミュニケーションのとれる方
給与:17万~ 時給980円~  賞与あり
勤務時間:週40時間シフト制
休日:週休2日、有給休暇、夏季・冬季休暇
その他待遇:雇用保険、労災保険、交通費支給、研修費用補助

ご興味のある方は当院までメール:t.matsuda@kurinoki-ah.comまたは045-367-9482までご連絡ください。

くりの木動物病院 院長松田  

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年5月 2日 水曜日

猫のフィラリア症

 フィラリア予防シーズンがやってきました。普段、病院とは縁遠い子達の元気な姿を見る事が出来るのは、とても嬉しいものです。

 犬のフィラリア予防は大分浸透していると思いますが、猫にもフィラリア症があるというのはご存知ですか?
犬の病気と思われがちですが、実は猫もフィラリアに感染してしまうのです。感染経路は犬と同じで、フィラリアの幼虫を吸血した蚊に刺されることによって猫の体内に侵入します。
成長した成虫は肺や心臓の血管に寄生し発症しますが、猫の場合多くは心臓にたどり着けません。症状がほとんどみられない事もあり、犬と比べあまり問題視されないこともあります。
しかし、症状がでるときは咳・息切れ・運動を嫌がる・吐き気・食欲不振・体重減少が比較的多くみられますが、他の病気にもよくみられる症状なので、判別しにくいのが特徴です。
重症例では肺動脈で死んだフィラリアに対して、急激なアレルギー反応を示したり、肺動脈につまって急性の呼吸困難が引き起こされることで窒息死したりすることもあります。

 どうやってフィラリア症と判断するかというと、基本的には犬と同じ方法なのですが、どの検査方法でも犬と比べてフィラリアの寄生数が少ないため検出しにくく、診断が難しいです。そのため何より予防が大切といえます。

 予防としては当院では皮膚につけるスポットタイプのお薬をご用意しております。
 また、蚊が活発に吸血する4月下旬~11月下旬にかけ、生活環境から蚊を駆除するのも重要です。卵・幼虫・さなぎの状態の蚊は水を必要とするので、家の周囲やベランダに水たまりを作らないようにしましょう。

 時々犬の飼い主さんでも「うちの子は家から出ないから予防しなくても大丈夫よね?」と聞かれるときがあります。しかし、予防薬を使わずにいた犬へのフィラリア感染率は一夏経験で38%、二夏経験で89%、三夏経験で92%くらいだと言われているんです。※個体差、地域差あり
また室内だけで生活している猫でもフィラリアに感染していることが最近の調査報告でも分かっています。

 確かに以前よりフィラリアに感染した子を見ることは少なくなってきました。これはフィラリアに対する飼い主さんの意識が高くなってきたために予防薬をきちんと飲ませている事や、予防薬自体の性能が良くなってきた事などが理由に挙げられます。

 予防できる病気はきちんと予防する事が飼い主さんの責任であり、それを支える事が私達の責任であると考えています。ぜひ猫ちゃんにも1ヶ月に1回のフィラリア予防をご検討ください。


                    獣医師  松田知子

↓最近のサスケ君 ご飯がどこから出てくるのか知っています。



↓扉も開けちゃいます。触っても噛みつくまでの時間が長くなってきました(笑)









 

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年4月16日 月曜日

待合室の様子☆

こんにちは^^/

くりの木動物病院ブログです、

3月30日から、新設した病院で診療をやっています!

4月2日、内覧会にお越しいただいたみなさま、
わざわざのお越しありがとうございます(^o^)
普段あまりお見せする機会のない病院内部をご覧いただき、
私たちスタッフ・院長も嬉しく思っています。

ご都合により内覧会に来ていただけなかったオーナー様
興味がおありの方に、少しずつ病院の施設をご紹介したいと
思います。

今回は待合室の様子をご紹介いたします(^^)b♪

↓ まずは外観から~♪ ↓
ガラス張りの部分が広くて入りやすい☆☆☆
駐車場スペースが1台ありです




↓ 待合室①~ ↓
入って正面が受付です
診察室が左右に分かれて2部屋あります~v




↓ 待合室②~ ↓
正面入り口から入って左側...
東向きの待合室は、柔らかな朝日が差し込む明るい雰囲気☆
奥にお手洗いがあります







↓ 待合室③~ ↓
入って右側の様子...
待合室は広くなり、旧施設より椅子の数は増えました(^^)v
椅子と椅子の間隔にも余裕があり、落ち着いた雰囲気でお待ちいただけます~




どうでしょうー
病院の雰囲気を少しでも伝えられましたでしょうか・・・?!

移転に際し、お花やお菓子そのほかたくさんのお祝いの品を
いただきありがとうございます。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。

3月からはノミダニの予防~
4月からは狂犬病の予防接種~
5月からはフィラリア症予防~
と、予防に忙しい時期ではありますが、楽しいペットライフを
送りましょう~p(^^)q~
院長・スタッフ一同全力でサポートいたします!

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年3月18日 日曜日

内覧会のお知らせ

ブログをご覧のみなさんこんにちは。

院長の松田です。

当院は前回お知らせしました予定通り3月30日、新規移転いたします。
より充実した動物医療を行うため新設した施設の内部を、
オーナー様、また当院にご興味をお持ちの皆様にご覧いただきたく
4月1日(日)14時から17時まで新病院内覧会 を開催致します。

お時間のある方は是非、お気軽にお越しいただければと思います。

当日はスタッフがご案内いたします。

↓ 移転場所 ↓
☆現在の場所と同じ並び、100メートルほど栗木交差点寄りで、焼肉屋さんの向かいです。
駐車場は、病院向かって右隣りの屋根付き駐車場3台分と新設病院前に1台分があります。



スタッフ一同みなさまのお越しを心よりお待ちしています。

松田 

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30