クリニックBLOG

2018年10月10日 水曜日

猫の毛球症

猫を飼ってらっしゃる方は、猫が毛玉を吐いているところを見た事があるかと思います。
元気な猫が急に何度もえずいて、苦しそうに吐く姿は病気になったんじゃないかと心配になってしまいますよね。
でもこれは自然な事なのです。

猫は毛づくろいが大好きです。起きている時間の30~50%を毛づくろいに費やしていると言われています。
しかし猫の舌はザラザラなので、毛づくろいをすると櫛の要領で毛をすき取って飲み込んでいるんです。その毛は消化されないので、ウンチとして排泄されたり、口からまとめて吐き出されたりして体外に排出されます。
吐き出す頻度は様々で、全く吐かない場合でも通常ウンチとともに排出されている事が多いので、元気食欲があれば心配いりません。

うちの猫たちの場合、家猫サスケは滅多に吐かず、モモタロウは前回吐いたのを忘れたころに吐き出し、2~3日続きます。院内猫ジジも滅多に吐きませんが、数年前に腸に毛玉が詰まりちょっと大変な目に遭わせてしまいました...。キキはここ最近吐く事が多く、毛玉除去剤を毎日与えています。こんな感じで猫によって違いますよね。

ちゃんと毛玉が体外に排出されれば良いのですが、毛玉が口からもお尻からも出ず、胃や腸にたまってしまい、食欲不振や吐き気、便秘といった症状が現れる事があります。これを「毛球症」といいます。
重症になると、脱水症状を引き起こして死に至る場合もあり、開腹手術で毛玉を取り出さなくてはなりません。ジジはこの一歩手前までの状態でした(-_-;)

飼い主さんが出来る予防としては、ブラッシングをしてあげる事です。また飲み込んだ毛を体外に排出しやすくする為に、植物繊維が多く含まれている「ヘアボールケア」機能の高いフードを食べさせる事も効果的です。

猫が嘔吐する原因はもちろん毛玉だけではありません。吐く頻度が多いようなら、別の病気の可能性もありますので、ご相談頂ければと思います。


↓時々仲良しな二匹

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年10月 1日 月曜日

プレシニアのデイリーケアが大切♪

先日当院看護師スタッフの実家のワンちゃんが大きな発作後に立ち上がりずらくなってきたとのことで
マッサージ&タッチケアを伝えに行ってきました♪

以前の前庭疾患の後遺症もあったので首が左に傾き下を向いてしまいます、顔が上手に上に持ち上げられない様子でしたが、足腰は意外としっかりしていて、立ち上がってさえしまえばスタスタ元気におうちの中を歩きますが、立ち上がるのが辛そうでよっこらしょという感じでした。

マッサージで体を緩めてタッチケアで体の意識をさせてあげることですんなり立ち上がりもできるようになって、顔も少し上にあげれるようになりました


後日連絡をいただいて、
頭がずっと下を向いてたのが視線が合うようになりうれしい♪
マッサージをするようになったら全然違う!若返った!
続けてやってみます♪とうれしいご報告がありました♪



ドコモ揉んだりしないので素人の方が行っても安全なマッサージ、優しいタッチであればあるほど実はよいのです。
レッスンではご家族にそれを体で体感していただいています♪

みなさん歩けなくなって様子をみてしまってから駆け込まれる方が多いですが
シニアの時期や、前庭疾患の後遺症も早いうちにご相談ください、
発作予防にもぜひ様子をみないで、マッサージを取り入れていただくことをお薦めします♪
もちろん寝たきりになってからもマッサージは床ずれ予防や体のQOLに必要不可欠です♪

プライベートで行いますので、落ち着きのないこも、怖がりさんも安心してご参加ください♪

★プライベートマッサージレクチャー
★プライベートシニアケア相談
★プレシニアケア
★はみがきレッスン 

ペットケアブランケット主催
https://b-ket.jimdo.com/

くりの木動物病院スタッフ 藤本
TEL 045-367-9482

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年9月23日 日曜日

プライベートマッサージレクチャー♪

先日マッサージのレッスンをしました。

お母さまがワンちゃんのマッサージを自分で出来るようになりたいとのことで
しっかり学ぶ90分コースをチョイスしてくださいました♪

皆さん苦心する、意外と難しいポイントの手技も上手にこなすお母さん
これは何かある!?...と思いお聞きしたら
やはりピアノを弾かれていたとの事で指使いがとても上手です♪

怖がりさんで、びくびく、マッサージも最初は戸惑っていたマリリンちゃんと
馴れないマッサージに少し体が緊張気味だったお母さんが緩んでくると
終わるころにはこんなにまったりお母さんのマッサージにトロンとなっています♪
この姿をみるとほっこりしますね♡



そして それだけではなく、体も緩み、被毛ツヤツヤで
おメメぱっちりスタスタ歩きになりました♪
元気になってなんだかとっても凛として若返えりました♪



プライベートで行いますので、落ち着きのないこも、
怖がりさんも安心してご参加ください♪

★プライベートマッサージレクチャー
★プライベートシニアケア相談
★プレシニアケア
★はみがきレッスン 

ペットケアブランケット主催
https://b-ket.jimdo.com/

くりの木動物病院スタッフ 藤本
TEL 045-367-9482

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年9月12日 水曜日

モモタロウの長い家出~無事に帰還~

 先日のブログで飼い猫モモタロウが逃亡してしまい、捕まらないというお話をしました。
捕獲機を3つ駆使しても、おとりの餌だけ食べ、一向に捕まらなかったのですが...。17日後に家の玄関ドア(少し開けていました)から、いつの間にか帰宅(笑)
帰宅直後はモモタロウも興奮していて、触ることが出来なかったのですが、翌日には甘ったれに戻りました。

ちなみに今年の夏はキャンプに行ったのですが、サスケとモモタロウは家でお留守番。ジョー君は病院にお泊り。
一泊して帰り、「ただいま~」と部屋に入った途端、モモタロウに威嚇されました。私たちの事を忘れていたようです。
サスケはいつも通り無視でした。そんな猫たちです。




↓やっぱり家の方が落ち着くな...と思っているはず?

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年6月25日 月曜日

熱中症

 いつの間にか梅雨が明けて、暑くて蒸し蒸しした日が続いていますね。
こんな日は、昔の出来事を思い出します。以前の病院で働いていたとき、とても元気なコーギーの子が通ってくれていました。
いつも走り回っていたので「弾丸○○君」とあだ名を付ける程だったんですが、ある日飼い主さんから「出かけて帰ってきたら、○○君が倒れている」と電話がありました。
結局亡くなっていたのですが、熱中症でした。クーラーをかけ忘れていた為でした。こんな日はあの子を思い出します。

 熱中症になると、急激な体温の上昇(40℃以上)・口を大きく開けて息苦しそうな呼吸・大量のよだれ・嘔吐下痢・一時的にふらついて倒れる・目や口腔粘膜の充血などの症状が出ます。重症だと、失神・ふるえ・意識混濁・けいれん・出血症状・チアノーゼなどが起こり、最悪ショック症状を起こし死亡する可能性があります。

 犬や猫は、人間のように全身で汗をかくことが出来ません。汗腺が足の裏の肉球など限られた部位にしかないためで、熱が体にこもりやすく、体温調節が苦手です。その分、人間以上に熱中症のリスクが大きいのです。人間が「今日は暑いな~」と感じている日は犬猫も「今日すっごい暑いじゃん!」と感じているのです。

〇犬の熱中症対策
 室内では十分な飲み水を用意、風通しを良くし、クーラーや扇風機などで適温に調節しましょう。アルミプレートや冷感シートなどのひんやりグッズも効果的です。せっかく買ったのに乗ってくれないというお声も多いですが...。
散歩の時間帯も注意が必要です。夏場は道路が非常に熱く、素足で歩いている犬にとって負担が大きくなります。散歩に出る前に道路を触って熱すぎないかチェックしてみて下さい。保冷剤を入れて首に巻くクールバンダナなども良いですね。

〇猫の熱中症対策
 室内で飼われている事が多い猫は暑いときは風通しの良い場所や日陰で寝転がって体温調節します。サスケもクーラーガンガンの部屋ではソファーでふんぞり返っていますが、温度を上げるとそそくさと床やソファーの下で寝始めます。猫はあまり水を飲まないので、水分補給にはウェットフードやスープ類などのフードを活用してあげると良いですね。



↑実はうちのモモタロウが脱走してしまい、2週間が経過しました。目撃情報は多々あり、先日も庭に現れ、私に気付いたのに一目散に逃げていくモモタロウの後姿をむなしく見送りました。大風・大雨・酷暑にも耐え、すっかり野生に還ったあいつ...本能でそれらを乗り切っているんですね。すごいけれど早く捕獲したいです。


投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31