クリニックBLOG

2018年6月25日 月曜日

熱中症

 いつの間にか梅雨が明けて、暑くて蒸し蒸しした日が続いていますね。
こんな日は、昔の出来事を思い出します。以前の病院で働いていたとき、とても元気なコーギーの子が通ってくれていました。
いつも走り回っていたので「弾丸○○君」とあだ名を付ける程だったんですが、ある日飼い主さんから「出かけて帰ってきたら、○○君が倒れている」と電話がありました。
結局亡くなっていたのですが、熱中症でした。クーラーをかけ忘れていた為でした。こんな日はあの子を思い出します。

 熱中症になると、急激な体温の上昇(40℃以上)・口を大きく開けて息苦しそうな呼吸・大量のよだれ・嘔吐下痢・一時的にふらついて倒れる・目や口腔粘膜の充血などの症状が出ます。重症だと、失神・ふるえ・意識混濁・けいれん・出血症状・チアノーゼなどが起こり、最悪ショック症状を起こし死亡する可能性があります。

 犬や猫は、人間のように全身で汗をかくことが出来ません。汗腺が足の裏の肉球など限られた部位にしかないためで、熱が体にこもりやすく、体温調節が苦手です。その分、人間以上に熱中症のリスクが大きいのです。人間が「今日は暑いな~」と感じている日は犬猫も「今日すっごい暑いじゃん!」と感じているのです。

〇犬の熱中症対策
 室内では十分な飲み水を用意、風通しを良くし、クーラーや扇風機などで適温に調節しましょう。アルミプレートや冷感シートなどのひんやりグッズも効果的です。せっかく買ったのに乗ってくれないというお声も多いですが...。
散歩の時間帯も注意が必要です。夏場は道路が非常に熱く、素足で歩いている犬にとって負担が大きくなります。散歩に出る前に道路を触って熱すぎないかチェックしてみて下さい。保冷剤を入れて首に巻くクールバンダナなども良いですね。

〇猫の熱中症対策
 室内で飼われている事が多い猫は暑いときは風通しの良い場所や日陰で寝転がって体温調節します。サスケもクーラーガンガンの部屋ではソファーでふんぞり返っていますが、温度を上げるとそそくさと床やソファーの下で寝始めます。猫はあまり水を飲まないので、水分補給にはウェットフードやスープ類などのフードを活用してあげると良いですね。



↑実はうちのモモタロウが脱走してしまい、2週間が経過しました。目撃情報は多々あり、先日も庭に現れ、私に気付いたのに一目散に逃げていくモモタロウの後姿をむなしく見送りました。大風・大雨・酷暑にも耐え、すっかり野生に還ったあいつ...本能でそれらを乗り切っているんですね。すごいけれど早く捕獲したいです。


投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年6月25日 月曜日

プライベートマッサージレクチャー♪

今回はあんずちゃんとモモコちゃんがマッサージレクチャーを受けに来てくれました。
あんずちゃんは、時折ナックリング症状が出たり、痛みが出たりすることがあるので、その予防にマッサージを取り入れるために参加してくださいました。

お母さんは太極拳をされてるそうです。
呼吸や、身体、心の状態を整える重要性をご存知なので、
それは、ドッグマッサージにもとても大切なことだとピンときて頂けたようで嬉しかったです♪

マッサージといえば、人間の整体のように強く揉みほぐすイメージをお持ちかもしれませんが、
そのようにすると、動物の体に気付かずにダメージを与えていることがあります。
こちらでは、安全でより体にやさしいマッサージやタッチケア方法をお伝えしています。









お母さん、最後はとっても上手にマッサージをされていました♪
あんずちゃんも、段々と眼がトロンとなって気持ちが良さそうでした♪

人間のリンパマッサージも肌力UP、シェイプアップ、免疫アップしますが、
動物も被毛の艶が増して、目もぱっちり、体もむくみが軽減されて、心なしかくびれも出現します♪
気持ちよさそうですね♡

モモコちゃんのお写真は取り忘れてしまいましたが、
とっても健康で、あんずちゃんよりちょっとふっくらしたかわいいチワワちゃんでしたよ♪

関節炎を起こしやすい犬、皮膚の弱い犬、シニアのケア、歯みがき出来ない動物、興奮しやすい、ブラシが苦手...
など、その子のお悩みに合わせてレクチャー致します♪


日月火の午後の休診時間に開催します。
(その他曜日応相談)
お気軽にご相談ください。
★プライベートマッサージレクチャー
★プライベートシニアケア相談
★プレシニアケア 
★口腔ケア 

ペットケアブランケット主催
https://b-ket.jimdo.com/
受付藤本

TEL 045-367-9482

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年6月13日 水曜日

猫のマウンティング

時々供血猫として活躍している、触ると噛みつくサスケ君に新たな悩みが発生しました...。
夜ベッドで寝ていると、サスケが身体の上に乗っかり、いつまでもいつまでもフミフミするようになったのです。
フミフミだけなら、「甘えてるのね」とほっこりなのですが、さらに腰を落としてフリフリしてくるんです。
何度もベッドから(引きずり)降ろしても、上がってきてフミフミ・フリフリ...。重いし痛いし寝られません。
不思議なことに他の家族にはやらないのです。昼間ベッドやソファーでやる素振りもありません。そうです、私と娘が寝ているときだけやるんです。この行動は何なのでしょうか?

調べてみると、それはマウンティングという行動のようです。
猫のマウンティングとは、対象の上に乗り、腰を上から押し付けてくるような行動を指します。飼い主さんの体にする場合は、手や足を噛む、腰を押し付けるといった行動になります。
発情期の性行動のひとつとして考えられていますが、その他にも2つの意味があるのです。それは「優位性誇示」「転位行動」。優位性誇示という字面は何となく嫌な予感がしますね...。

〇優位性誇示:多頭飼いの猫によく見られます。他の猫よりも優位に立ちたいという本能から、自分が上だとアピールする行動です。
〇転位行動:自分のやりたかった事が出来ないストレスから、気持ちを落ち着かせようと全く関係ない行動を取る事をいいます。その中にマウンティング行動も入ります。

優位性誇示でも転位行動でも、飼い主さんに対してマウンティングをする場合はすぐに止めさせた方が良いといえます。
優位性誇示の場合、飼い主さんを下に見ている意味となるからです。......サスケめ。
転位行動の場合は、飼い主さんが噛まれたり引っかかれたりしてケガをしないように止めさせるという意味になります。

マウンティングは本能からの行動なので、しつけだけで止めさせることは難しいでしょう。ただストレスや運動不足によってマウンティングすることが多いので、ストレスを発散させる・感じさせない環境を作ってあげることが大切です。たま~~にやってしまうくらいで、ケガや家具などを傷つけない程度なら、それ程気にしなくても大丈夫のようです。飼い主さんにする以外はですけれど(笑)




↓最近ソファーの下で寝ている事が多いです。にゅ~っと出てくるとビックリします


投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年5月16日 水曜日

動物看護士さん募集!

くりの木動物病院では新規移転、病院拡張に伴い、一緒に働いていただける動物看護士さんを募集しています。
当院では患者様、飼い主様とのコミュニーケーションを重視し、丁寧なケアを心がけています。

職種:動物看護士(正社員・パート)
条件:経験不問、動物好きで飼い主さん、患者さんと明るくコミュニケーションのとれる方
給与:17万~ 時給980円~  賞与あり
勤務時間:週40時間シフト制
休日:週休2日、有給休暇、夏季・冬季休暇
その他待遇:雇用保険、労災保険、交通費支給、研修費用補助

ご興味のある方は当院までメール:t.matsuda@kurinoki-ah.comまたは045-367-9482までご連絡ください。

くりの木動物病院 院長松田  

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年5月 2日 水曜日

猫のフィラリア症

 フィラリア予防シーズンがやってきました。普段、病院とは縁遠い子達の元気な姿を見る事が出来るのは、とても嬉しいものです。

 犬のフィラリア予防は大分浸透していると思いますが、猫にもフィラリア症があるというのはご存知ですか?
犬の病気と思われがちですが、実は猫もフィラリアに感染してしまうのです。感染経路は犬と同じで、フィラリアの幼虫を吸血した蚊に刺されることによって猫の体内に侵入します。
成長した成虫は肺や心臓の血管に寄生し発症しますが、猫の場合多くは心臓にたどり着けません。症状がほとんどみられない事もあり、犬と比べあまり問題視されないこともあります。
しかし、症状がでるときは咳・息切れ・運動を嫌がる・吐き気・食欲不振・体重減少が比較的多くみられますが、他の病気にもよくみられる症状なので、判別しにくいのが特徴です。
重症例では肺動脈で死んだフィラリアに対して、急激なアレルギー反応を示したり、肺動脈につまって急性の呼吸困難が引き起こされることで窒息死したりすることもあります。

 どうやってフィラリア症と判断するかというと、基本的には犬と同じ方法なのですが、どの検査方法でも犬と比べてフィラリアの寄生数が少ないため検出しにくく、診断が難しいです。そのため何より予防が大切といえます。

 予防としては当院では皮膚につけるスポットタイプのお薬をご用意しております。
 また、蚊が活発に吸血する4月下旬~11月下旬にかけ、生活環境から蚊を駆除するのも重要です。卵・幼虫・さなぎの状態の蚊は水を必要とするので、家の周囲やベランダに水たまりを作らないようにしましょう。

 時々犬の飼い主さんでも「うちの子は家から出ないから予防しなくても大丈夫よね?」と聞かれるときがあります。しかし、予防薬を使わずにいた犬へのフィラリア感染率は一夏経験で38%、二夏経験で89%、三夏経験で92%くらいだと言われているんです。※個体差、地域差あり
また室内だけで生活している猫でもフィラリアに感染していることが最近の調査報告でも分かっています。

 確かに以前よりフィラリアに感染した子を見ることは少なくなってきました。これはフィラリアに対する飼い主さんの意識が高くなってきたために予防薬をきちんと飲ませている事や、予防薬自体の性能が良くなってきた事などが理由に挙げられます。

 予防できる病気はきちんと予防する事が飼い主さんの責任であり、それを支える事が私達の責任であると考えています。ぜひ猫ちゃんにも1ヶ月に1回のフィラリア予防をご検討ください。


                    獣医師  松田知子

↓最近のサスケ君 ご飯がどこから出てくるのか知っています。



↓扉も開けちゃいます。触っても噛みつくまでの時間が長くなってきました(笑)









 

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31