クリニックBLOG

2010年11月30日 火曜日

冬に多い病気Ⅰ

グッと寒くなってきましたね。
風邪が流行っているようなので皆さんお体には気を付けましょう。

そこで、犬猫で冬に多い病気は一体なんでしょう?

先日、ペットの保険会社anicomより冬に保険請求の多い疾病の発表がありました。
犬の1位は「筋骨格疾患」、猫の1位は「下部尿路疾患」(膀胱炎など)ということでした。

やはり動物も冬になると関節の節々が痛みだすのですね。

写真はやはり今年、寒くなってから来院された症例のレントゲン写真です。
背骨の腰部分に強い変形がみられます。これだけの変形がでるにはかなりの時間が経過していると思うのですが、痛みの症状がでたのはやはり気温が下がり始めてからでした。
変形性関節症は根本治療が困難な症例が多いため、痛み止めや消炎剤で治療することがほとんどです。
また今では動物にも関節をサポートするサプリメントもあります。関節面には軟骨組織があるのですが、関節の変形があるとその面が擦り減ってきてしまうのでそこを補うためのサプリメントです。
それにより痛みの緩和につながります。
グルコサミンや硫酸コンドロイチンなどが含まれていて、ヒトと同じですね。

くりの木動物病院
http://www.kurinoki-ah.com

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2010年11月18日 木曜日

犬のハミガキ

先日、犬のハミガキのモデル犬としてうちのジョー君に頑張ってもらいました。
うーん、奥歯まではなんとか耐えてくれたのですが、
歯の裏まではさすがにかなり嫌なようです。

すでに付着してしまっている歯石は自宅でのハミガキでとることはかなり困難なのでまずは動物病院で診てもらってください。
ハミガキを自宅でする場合は徐々に慣らしていき、嫌がるようならその日はそこまでにして決して無理やりやらないようにしましょう。
一度、嫌なものと認識させてしまうと口を触るのも嫌がるようになってしまいます。
まずは歯ブラシに犬の缶詰の汁などを付けて舐めさせたりして歯ブラシに慣れさせていくとよいですよ。
どうしても難しければ写真のようなデンタルガムなどもあります。
噛むことによって物理的に歯垢を取り除く作用と、酵素により歯垢を付きにくくする作用があります。

病院HPに犬の歯のケアについてアップしたのでみてください。
http://kurinoki-ah.com/column/dentalcare.html

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2010年11月11日 木曜日

中毒!?

先日、病院ネコのジジ(イゾウから改名)に中毒症状が出ました...。
ケージから出してあげると、院内を飛び回って色んなものを漁っているので、何かを食べてしまったものと思われます。
よく観葉植物なども齧っていたようなので、もしかしたらそれが原因かもしれません。
症状としてはまず嘔吐、食欲不振からはじまり、ふらつきなどの神経症状がでました。

おそらくは前日に口にした可能性が高かったため、催吐処置などは行わず、点滴・解毒のお薬のみで
幸いなことに症状は次の日には落ち着き、普段どおりの食い意地の張ったジジに戻りました。


おうちの中にある観葉植物などでも毒性のあるものがあるので注意が必要ですね。
今回は、飼い主の管理不足でした。ジジよ、ごめんなさい

くりの木動物病院
http://www.kurinoki-ah.com


 

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2010年11月 4日 木曜日

くりの木の居候パートⅣ

 またまた居候の紹介です。オーストラリアン・シェパードの「ジョー」です。

やんちゃ盛り6か月です。彼にとって、目に映るモノはすべておもちゃのようです。
追いかけては取り返し、取り返されては追いかける日々...、しつけって本当に難しいですね。
しかし、お手や伏せは数分でマスターしたので、頭はかなり良いと思われます。

最近マウンティングが多くなってきたので、去勢手術をしました。
ちょっと減った気がします。性格は...変わりませんね。








 

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30