クリニックBLOG

2012年3月22日 木曜日

ドッグケア♪

飼主さんがお家でできるケアとしてシニアケアやマッサージ等、
これから時々ブログで少しづつご紹介します。

老年期の時期

     

中年期に入ると愛犬の見た目は変わらずとも何かしら若いころとは違うなあと思うことがでてくる頃です。

壮年期には目に見えて変化がでてくる頃ですよね。


老年期を迎えるまえのこの壮年期の状態をより良い状態にキープしておくことが実はとっても大切です。

この表はあくまで目安であって個体差もありますので、何歳だからこうなる、こうしなくてはということではなく、

いつも一緒にいる飼い主さん自身が愛犬の様子を観察して変化に気づいてあげることが老齢犬のケアの第一歩です。




スタッフsanta(クロさんたリハビリ担当)

シニアドッグケアアドバイザー(ペットケアマネージャー協会認定 )
ドッグマッサージセラピスト

            

     花が開いてしまっった食べる菜の花、飾っても楽しめますね(笑)


くりの木動物病院
http://www.kurinoki-ah.com

Facebookページ
http://www.facebook.com/KURINOKI.vet

 

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2012年3月12日 月曜日

ワンちゃんの咳

昨日は犬の心臓病の治療について講義をうけてきました。
講演してくださったのは小動物の循環器の先生として高名な日本大学の上地先生です。
上地先生は日本大学付属動物病院で心臓弁膜症の手術を多数行っている先生です。
皆さんは犬でも心臓病の手術が行われているのを知っていますか?

とはいっても町の開業の病院に来院される症例ではまず、内科療法を行うのが一般的です。
今回は主に心臓病、とくに僧帽弁閉鎖不全症における内科療法のお話でした。



僧帽弁閉鎖不全症が発症し、進行すると多くの場合「咳」がみられます。
心臓病により心臓が大きくなって周りの気管や気管支を圧迫することにより咳がでたり、
あるいはさらに進行すると肺水腫というものを引き起こし呼吸困難とともに咳の症状がみられるようになります。
僧帽弁閉鎖不全症はとくに小型犬に多くみられ、
好発犬種はチワワ、マルチーズ、プードル、キャバリア、シーズーなどがあげられます。
咳よりも先に心臓の聴診で心雑音という音が聴取されることが多いので
小型犬で中高齢の子は病院で定期的に健診(聴診)していただくとよいですね。

くりの木動物病院 松田岳人
http://www.kurinoki-ah.com

Facebookページ
http://www.facebook.com/KURINOKI.vet

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2012年3月 5日 月曜日

先日の大雪はすごかったですね!
横浜でもスリップして事故を起こしている車がチラホラ。
普段雪の中の運転なんて慣れていないんで、
ノーマルタイヤのまま坂に挑戦したらまあ登らない…
歩いている人よりも遅かったです。

休診日の散歩(特に天候の悪い時)は、主に院長担当なんですが、
帰ってきたジョーは全身ビチョビチョでした。タオルで拭こうとしても
大興奮で跳ねまくり…。

  

雪にジョーは大はしゃぎだったようです。
みなさんのワンちゃんはどうでしたか?


くりの木動物病院
http://www.kurinoki-ah.com

Facebookページ
http://www.facebook.com/KURINOKI.vet

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2012年3月 2日 金曜日

ジョーのお散歩

久しぶりのジョー君のお散歩写真です。
忙しくて、あまりかまってあげれなかった日々が続いた後の
公園でのロングリードなのでかなりハイテンションです(笑)でも楽しそう♪

      


最近はわんこに会ってもちょっとだけなら落ち着いて
お座りして挨拶できるようになってきたかな...

シャンプーが苦手なジョーですが、ちょっとずつ慣らして、最近やっと
シャンプー&ドライヤーが嫌なことじゃないんだよって理解してきてくれてるみたいです♪

      

写真はシャンプーしたばかりの時なのでふさふさですね♪
おしりだけ汚れやすいのでバリカンでカットするのですが、
トリミングのスタッフは常駐していない+じっとできない...ので
おしりは超・超・散切りカット。(汗)ご近所の方、後ろ姿を見ても、
どうか見逃してくださいね~(笑)
いつの日か(2/25ブログ:豆ちゃんのような)桃尻カットを目指して

犬は人間側の感情をストレートに察知して表してくれます。
しつけは、愛情をそそぐだけでもだめ、厳しくするだけじゃだめ
どちらも大切。時間をかけて、忍耐強く教えてあげること、
どうしてだろうって理解してあげる気持ちがとっても大切。

しつけがうまくいかないと、ついついイライラしたり、心配し過ぎたり...、
不安になったりしがちですが人間側の落ち着いた態度や毅然とした気持ちがとっても大切。

いつでもどっしり構えて、おだやかな気持ちで接すること。 365日信頼されて愛される、
一緒にいて安心できる人で居続けることの大切さをジョー君から学んでいます

     ...ジョー君のしつけ奮闘中のスタッフでした...



くりの木動物病院
http://www.kurinoki-ah.com

Facebookページ
http://www.facebook.com/KURINOKI.vet

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31