クリニックBLOG

2016年2月29日 月曜日

とっても怖い狂犬病のお話

昨年9月~12月の間に南米ペルーで、狂犬病により子ども12人が相次いで死亡したというニュースがありました。子ども達は全員、吸血コウモリに噛まれた後死亡しており、症状と診断結果から狂犬病に感染していたことが確認されたそうです。

狂犬病は南極を除くすべての大陸で感染が確認されています。流行地域はアジア、南米、アフリカで、全世界で年間5万人以上が死亡しています。感染した動物の咬み傷などからウイルスが感染する場合が多く、人へは犬に咬まれて感染するケースが大半です。しかし、たとえば猫・ハムスターなどすべての哺乳類が感染源となり得ます。日本は数少ない狂犬病清浄地域の一つですが、油断はできません。2013年に日本と同様50年以上狂犬病が発生していなかった台湾で、野生動物間での流行が確認されたからです。

狂犬病は人を含む全ての哺乳類に感染し、発症後の有効な治療法はありません。「最も致死率が高い病気」としてエイズと共にギネス世界記録に記録されているそうです。ただし、感染前であれば、ワクチン接種によって予防が可能です。これは人以外の哺乳類でも同様で、そのため日本では狂犬病予防法によって飼い犬の市町村への登録および毎年1回の狂犬病ワクチンの予防接種が義務付けられているのです。

しかし、近年は接種率が低下しており、2013年度は登録頭数の72.6%しか接種が行われていなかったという結果が出ています。登録すらしていない犬も多いとみられ、実際の数字はさらに低い可能性があります。

狂犬病は身近な病気ではありませんが、日本にいつ入ってきてもおかしくありません。狂犬病は有効な治療法がなく、致死率がほぼ100%の人畜共通感染症なのです。ワンちゃんの健康チェックも兼ねて、予防接種を受けにご来院くださいね。





獣医師 松田知子
 

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2016年2月27日 土曜日

お昼ねタイム

最近のアロマちゃん♪

休診時間は院内をいつも楽しそうに元気に走り回っています。

最近は休診日のお天気の良い日に診察室に差し込む、

ひなたのうえで、ひなたぼっこ



気持ちよさそうな姿に癒されています。




きっとアロマの頭のなかは食べ物のことでいっぱいです(笑)

スタッフ ふじもと
http://b-ket.jimdo.com/
ペットマッサージセラピスト/シニアドッグケアアドバイザー

くりの木動物病院 facebook
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet


磯子区のくりの木動物病院は笹下釜利谷道路沿いにあり、金沢区、港南区からのアクセスも良好です。

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2016年2月18日 木曜日

野良猫にはご用心

今回はワンちゃんのお散歩中に起きた私の恐怖体験をご紹介したいと思います。

夏のある日のことです。
いつものお散歩コースを歩いていると、何か塊のようなものが飛び出してきて、ワンちゃんの周りをポンポン跳ねていました。「何だ?」と眼をこらしてみると、何と野良猫が襲いかかっていたのです。
慌ててワンちゃんを抱っこすると、今度は私の足に咬みついてきたので、そのまま走って逃げました。まぁこれで追いかけてこないだろう...と思ったんですが。しかし私の足が遅かったのか、猫は追いかけてきて更に咬みついてきました。そして足がもつれて転んだ私は本気で「コイツに殺されるッ」と思ったのです。
運よくテリトリーから出たのかそれ以上は襲われず、怯えるワンちゃんを抱っこしたまま大通りを歩いていると、「何があったんですかっ?」と心配してくれる女子高生さんが。腕が血だらけのおばさんが犬抱っこしてフラフラ歩いていたら、そりゃビビりますよね。あのときのお嬢さん方、びっくりさせてごめんなさい。

幸いワンちゃんは軽傷で、私は5、6か所咬まれましたが、一番ひどかったのは転んだ傷という何だか悲しい事に。


この話を待合室で話したところ、皆さん「そんな目に遭った事がない。」と驚いていらっしゃいました。野良猫の多い地域なので、お散歩中に猫に遭遇する事は多いそうですが、どの子も遠巻きに警戒しているだけで、近づいてこないそうです。あの猫がなぜ私たちを襲ったのか謎のままですが、もしかすると妊娠中や子育て中だったのかもしれません。人に懐いている野良猫ももちろんいますが、たま~~にこういう戦闘タイプの子もいるので、お散歩中はくれぐれもご注意くださいね。


 4、5年前の警戒心丸出しキレッキレだったときの院内猫のサンタです。こんな顔した猫ちゃんに出会ったら即逃げましょう(笑)




獣医師 松田知子

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2016年2月 9日 火曜日

ボディコンディションスコア       横浜市磯子区、港南区、金沢区の動物病院

ボディコンディションスコア(BCS)って聞いた事がありますか?
これは動物の体格の評価を視診と触診でおこなうものです。

このようなイラストをよくみかけたことはありませんか?
(年齢や疾患によっても評価がちがってきます。)


 飼い主のためのペットフードガイドライン参照 (環境庁)

シニアになると、多くのワンちゃんが関節炎を患っていると言われています。
普段から肥満気味のワンちゃんは要注意ですよ。
若い時は、太っていても元気に動き回るので見過ごされてしまいますが、シニアになると関節炎にプラスして筋肉量も減ってきます。
足腰に負担をかけないよう、肥満気味のワンちゃんは元気なうちからダイエットや適度な運度を続けて、ベスト体重を維持し筋力アップでシニア生活に備えましょう♪

身体のデトックス機能も衰えてきますので、おやつは、小さく小さくして、低カロリーで安全なものを吟味して工夫してあげたいですね。ワンちゃんが太っているのか痩せているのか気になる方は、ボディコンディションスコアチェック、フードのご相談等お気軽にご来院くださいね。


くりの木動物病院 facebook
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet


磯子区のくりの木動物病院は笹下釜利谷道路沿いにあり、金沢区、港南区からのアクセスも良好です。

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2016年2月 8日 月曜日

フェレットとインフルエンザ

毎日寒い日が続きますね。
最近インフルエンザが流行していますが、私は早々と先月に子供からインフルエンザをうつされ、大変な目にあいました。幸い他の家族にはうつらず、一安心でした。

診察中に時々「今家族が風邪を引いていますが、この子にうつりませんか?」という質問を受けます。
人のインフルエンザや風邪はワンちゃん・ネコちゃんには感染しないというのは、ご存知の方が多いかもしれません。しかし、フェレットには感染するのはご存知でしたか?
フェレットから人に感染する事もあるようですが、大体は人が家に持ち込んだウイルスにフェレットが感染することが多いそうです。インフルエンザなどが流行している時期は、特に気を付けて外出先から帰ったら、すぐに手洗い・うがい・着替えをしてからフェレットのお世話をするように心がけましょう。

症状は軽度では咳・くしゃみ程度ですが、重度では40℃以上の高熱・咳・くしゃみ・鼻水・食欲低下などがみられます。体力の弱い若い子や老齢の子では命を落とす危険性もあります。人と違い、フェレットにはインフルエンザワクチンが無いので、予防としては部屋の乾燥を避ける事と、感染している人との接触を控える事が重要です。

うちには7歳になるおばあちゃんフェレットがいますが、今まで風邪を引いたり、私たちの風邪がうつったりはありませんでした。しかし年を取って抵抗力も落ちているでしょうから、これからも気を付ければいけませんね。

 

獣医師 松田知子

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31