クリニックBLOG

2016年6月25日 土曜日

キラーストレス

先日NHKでキラーストレスの特集がされていたのをご覧になりましたか?
第1話は、度重なるストレスがコルチゾールというストレスホルモンを暴走させるというお話でした。

第2話ではストレスから解放させるためのコーピングとマインドフルネスの方法が紹介されていました。
コーピングという言葉初めて聞きました。宇宙飛行士のストレス軽減するためにも使われているそうです。
この二つの方法は簡単なのでぜひ調べてみてくださいね♪
参考に:http://www.nhk.or.jp/special/stress/

ここ数年でしょうか、アメリカから始まったマインドフルネスという言葉を日本でも耳にするようになりました。
現代人は、未来の心配をして、過去を悔やみ、バタバタと慌ただしく暮らしています。
ほんの少しの時間だけ、今自分がどんな呼吸をしているのかを感じる、そんな時間を持つことでストレスが軽減されることが脳科学で証明されています。


プレイズタッチでは、10年以上も前からこのマインドフルネスという言葉を世の中に発信し、動物たちとマインドフルネスの時間を作る大切さを皆さまにお伝えしています。
そんなコツをちょっと知っているだけで、ただ撫でるだけではない動物と人、双方にとって素晴らしいタッチになります。

プレイズタッチを考案された山田りこ先生は、動物の理学療法の先生をされています。
先生が一般の方にもできるように考案されたプレイズタッチは、
健康な子だけではなく、シニアになって体が動かしづらくなってストレスを抱えていたり、麻痺があったりする子にもとてもお勧めです。

タッチは皮膚の細胞に働きかけるもので、筋肉に働きかけるマッサージとは全く別のものです。
ストレスを軽減させるだけではなく、触れ方を学ぶことで愛情ホルモンのオキシトシンがたくさん分泌されます。
一緒に学んでみませんか♪
詳しくはこちら→http://b-ket.jimdo.com/



動物たちは今この瞬間を生きています。
タッチを通して動物とのかかわり方を見直してみませんか?



スタッフ ふじもと
http://b-ket.jimdo.com/
ペットマッサージセラピスト/シニアドッグケアアドバイザー

くりの木動物病院 facebook
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet


磯子区のくりの木動物病院は笹下釜利谷道路沿いにあり、金沢区、港南区からのアクセスも良好です。

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2016年6月23日 木曜日

ワンちゃんのお散歩マナー

 予防シーズンも少しずつ落ち着いてきた今日この頃です。
あっという間に5月が過ぎてしまいました。だんだん日中は暑くてお散歩出来ないという方が増えてきているのではないでしょうか。

ホテルでお預かりしているワンちゃんのお散歩をしていると、当然ですが排泄パターンがみんな違います。
1回大量にする子、チョコチョコ小分けにする子、決まった場所でしかしない子、しながらフラフラ歩いちゃう子、はしゃぎすぎてドアが開くまで待てずに~なんて子、などなど...。

お散歩でしか排泄しない子も多いかと思いますが、そのときのマナーが大切ですよね。
ちょっと前のお話ですが、公園で鉄製の照明柱の根元部分が腐食し倒れ、女の子が重症を負ったことがありました。柱が元々老朽化していた上に、ワンちゃんのマーキング尿で腐食した可能性が高いとの事でした。

私が犬を飼い始めたウン十年前では、「パトロールしてんだよね~」とか言いながら電柱におしっこさせていましたし、近所のみんな何も気にしていませんでした(-_-;)飼い犬が脱走した際、すべての電柱の匂いを嗅いでマーキングしていたので、何とか追いつくことが出来たなんて思い出もあります。しかしそれは昔のお話。今では排泄はおうちの中、外なら飼い主さんがOKを出した場所で出来る事が理想ですね。

マーキングは本能的な行動なので、完全に止めさせる事は難しいかもしれません。まずは匂い嗅ぎを止めさせる事から始めてみてはどうでしょうか。また避妊・去勢手術をしていない子であれば、手術をしたらマーキングの回数が減らせるかもしれません。ご相談頂ければと思います。

とりあえず誰でも出来る1番簡単で大切な事は、おしっこをしたら、十分洗い流せるように散歩時にはお水を携帯しておくことでしょう。

↓でも みんなクンクン大好きなんですよね...。



獣医師 松田知子

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2016年6月21日 火曜日

ツバメの季節になりました♪

今年もツバメがやってきました♪
ご近所さんの軒先にもツバメの巣が増えています。

そういえば当院の看護師も4月に1名増えました♪
専門学校卒業したての新人です。皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

くりの木動物病院の自動販売機の横の巣には今年は元気な子が3羽いる様子です♪



旅立ちは7月ぐらいかなと思ったら今朝旅立ったようです♪

覗いてみてくださいね♪


スタッフ ふじもと
http://b-ket.jimdo.com/
ペットマッサージセラピスト/シニアドッグケアアドバイザー

くりの木動物病院 facebook
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet


磯子区のくりの木動物病院は笹下釜利谷道路沿いにあり、金沢区、港南区からのアクセスも良好です。

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2016年6月 9日 木曜日

栄養素とその働きについて ~炭水化物~

第3回目は炭水化物についてお伝えします♪


炭水化物は消化酵素によって分解される「糖質」と分解されない「食物繊維」に分けられ、生命活動に必要なエレルギーを供給します。特に脳や神経細胞はエネルギー源としてブドウ糖を利用するため、一定の炭水化物を食事から摂ることが重要です。

糖質には単糖類(ブドウ糖など)、二糖類(乳糖、麦芽糖など)、小糖類(オリゴ糖)、多糖類(でんぷん、グリコーゲンなど)があります。通常動物が食べ物として摂取する主な糖質は多糖類のデンプンです。

食物繊維は消化酵素では分解されず、一部が腸内細菌によって分解され、可溶性繊維と不溶性繊維に分けられます。


炭水化物(ブドウ糖)は脳の活動に不可欠なエネルギー源で、不足すると犬では低血糖やタンパク質の代謝に負担がかかるなどします。
猫では炭水化物の含有量が少なくタンパク質が多い食事でも、十分な血糖レベルを維持することができます。



脳といえば、シニア犬も人と同じで、脳内活性が大切です♪
普段はしない遊びを取り入れたり、新しい技にトライしてみたりするのも良いですね。
でも、嬉しい事をたくさんしてあげることも大切ですが、やりすぎはかえってストレス要因になる事もあります。
適度な、簡単に出来るやさしい体験をプラスしてみてくださいね。

例えばいつも歩かないような場所や、ちょっとでこぼこした軟らかいものの上を歩かせてみる。
触れた事のないものに触れることは、皮膚細胞を活性化させて脳に刺激が伝わるのでお勧めですよ。
楽しみながらやってみて下さいね♪



スタッフ ふじもと
http://b-ket.jimdo.com/
ペットマッサージセラピスト/シニアドッグケアアドバイザー

くりの木動物病院 facebook
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet


磯子区のくりの木動物病院は笹下釜利谷道路沿いにあり、金沢区、港南区からのアクセスも良好です。

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31