クリニックBLOG

2019年1月 4日 金曜日

磯子区長寿犬飼い主表彰式

2019年 明けまして おめでとうございます。
動物たちとご家族にとって笑顔あふれる幸せな一年となりますように

皆様、亥の年のお正月はゆっくりできましたでしょうか!?
年末年始のペットホテル対応が終わり
くりの木動物病院も1月4日より通常通り診療しております。
本年も、どうぞよろしくお願致します。

ちょっと前になりますが...
2018年11月22日に横浜市磯子区の20歳を迎えた高齢犬の表彰式典がありました。






この表彰式典の中で、当院長が高齢犬のためのセミナーを担当致しました。
現在の動物たちの取り巻く環境の変化や医療の発展、
20歳を超えている犬猫が増えているのはとてもうれしいことです。
高齢になっても元気に快適に過ごして欲しいそんな思いを込めて発表をしております。



嬉しいことに当院の飼い主さまも、会場まで何名か見に来ていただいていたようで、
お花をいただいたり、本当にありがとうございました。

1時間の高齢犬のセミナーを聞いて下さった方へ
より良い情報としてお届けできていれば嬉しいなと思います。





******************
担当スタッフ ふじもと
http://b-ket.jimdo.com/
ペットマッサージセラピスト/シニアドッグケアアドバイザー

★介護相談、シニア期、プレシニア期のために知っておきたいこと。
不安や、お悩みをお聞きして改善策や簡単マッサージをアドバイスします。
プレシニア筋力アップのための楽しい遊びを取り入れ、元気なシニア犬になる方法もお伝えしています。


★マッサージレクチャー
動物のタイプにあわせてマッサージの基本をレクチャーをします。
ヘルニアや脱臼予防、皮膚疾患の免疫力アップにもおすすめです♪
パピーちゃん、ブラシが苦手、触られるのが苦手、口に触れないので歯みがきが出来ない動物の触れ方のレクチャーもしています♪

★セラピストによるマッサージ
またデイリーケアだけでは、出来ていない細かなマッサージケアをプロが施術します。
やり方を覚えるよりやってほしい~!タイプの方にもぜひご利用ください
訪問よりお得な価格設定をしています♪


**********


くりの木動物病院 facebook
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet


磯子区のくりの木動物病院は笹下釜利谷道路沿いにあり、金沢区、港南区からのアクセスも




投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年12月 3日 月曜日

シニアケアとマッサージ♪ ミニピン15歳

15歳の可愛いミニチュアピンシャーの女の子と、ご家族がシニアケア&マッサージのレクチャーに参加してくれました。
最近の歩き方と、夜中に起きてしまう事を心配しておられ、その行動から考えられる事やおうちで出来る工夫をご家族にお伝えしました♪

シニアになると今までと違い、自分が動きたいように動けなかったりするので、動物もストレスを抱えていたりします。
体の負担をとってあげることが、夜快適に眠るための要素のひとつでもあるので、
マッサージと合わせてお伝えしています。


お母さんのやさしい手で気持ち良さそうにしていますね♪


体の循環が良くなってお顔もすっきり♪


少しビッコ気味だった足取りも改善して、飼い主さんもとっても喜んでくれました♪
もっと早く知りたかったと言って下さいました♡

若い健康な子だと、この変化に気付きにくいので飼い主さんもせっかく習ったのにやらなくなってしまったり、
適当になでてるだけだったりする事も多く、とても残念に思います。
シニアは、変化がわかりやすいので、マッサージをする度にマッサージの必要性をひしひしと感じます。
パピーからシニアまでどんどん広がって欲しいなあと思います♪

******************
担当スタッフ ふじもと
http://b-ket.jimdo.com/
ペットマッサージセラピスト/シニアドッグケアアドバイザー

★介護相談、シニア期、プレシニア期のために知っておきたいこと。
不安や、お悩みをお聞きして改善策や簡単マッサージをアドバイスします。
プレシニア筋力アップのための楽しい遊びを取り入れ、元気なシニア犬になる方法もお伝えしています。


★マッサージレクチャー
動物のタイプにあわせてマッサージの基本をレクチャーをします。
ヘルニアや脱臼予防、皮膚疾患の免疫力アップにもおすすめです♪
パピーちゃん、ブラシが苦手、触られるのが苦手、口に触れないので歯みがきが出来ない動物の触れ方のレクチャーもしています♪

★セラピストによるマッサージ
またデイリーケアだけでは、出来ていない細かなマッサージケアをプロが施術します。
やり方を覚えるよりやってほしい~!タイプの方にもぜひご利用ください
訪問よりお得な価格設定をしています♪


**********


くりの木動物病院 facebook
https://www.facebook.com/KURINOKI.vet


磯子区のくりの木動物病院は笹下釜利谷道路沿いにあり、金沢区、港南区からのアクセスも

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年10月21日 日曜日

シニア相談&マッサージケア 19歳

先日、シニアケア相談とマッサージのレッスンを行いました♪
ダックスの19歳のとっても可愛いナッツちゃんです。

シニアになればなるほど、なんともいえない可愛さが倍増します♡
ナッツちゃんは、発作が出始めてから、歩き方がヨタヨタして、
お留守の時に床ずれも出来やすくなっているとの事でした。

生まれつきの後ろ足の変形もあり、若いころから前半身に負担がかかっていたのと
姿勢のくせがあるようです。背中もかなり上に湾曲したうえ、片側にも湾曲しています。
少しでも体が楽になればと、マッサージケアをお伝えしました。





終わってくつろぐナッツちゃん♡

その後来院されたときに、飼い主さんからの「毎日やってます♪」とのうれしいお言葉が。
歩いてる様子をみせてもらった時の写真がないのが残念ですが、背中の湾曲も少し緩やかになっています。
ヨタヨタすぐに倒れそうになっていたのも、踏ん張り方も改善されているようです♪

また復習レッスンに参加してくださるとのことなので、次回は発作予防のケアもお伝えする予定です♪
発作による体の緊張はそのままにしておくと、体の細胞に残り、癖のようになり発作がでやすくなる等します。
タッチケアをやってあげることで、発作の緊張やストレスが緩和され、細胞の記憶を軽減できると言われています。
普通の触れ方と少し違うので、慣れるまでは難しいかもしれません。
なかなか上手に出来ない場合は、病院に連れてきていただければ丁寧にセラピストがケアをさせて頂きます。(ご予約制)

ペットが歩けなくなっても、様子をみてしまってから駆け込まれる方が多いですが、
シニアの時期や、前庭疾患の後遺症も早いうちにご相談ください。
発作予防にもぜひ様子をみないで、マッサージを取り入れていただくことをお薦めします♪
もちろん寝たきりになってからもマッサージは床ずれ予防や体のQOLに必要不可欠です♪

プライベートで行いますので、落ち着きのないこも、怖がりさんも安心してご参加ください♪

★プライベートマッサージレクチャー
★プライベートシニアケア相談
★プレシニアケア
★はみがきレッスン 

ペットケアブランケット主催
https://b-ket.jimdo.com/

くりの木動物病院スタッフ 藤本
TEL 045-367-9482

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年10月10日 水曜日

猫の毛球症

猫を飼ってらっしゃる方は、猫が毛玉を吐いているところを見た事があるかと思います。
元気な猫が急に何度もえずいて、苦しそうに吐く姿は病気になったんじゃないかと心配になってしまいますよね。
でもこれは自然な事なのです。

猫は毛づくろいが大好きです。起きている時間の30~50%を毛づくろいに費やしていると言われています。
しかし猫の舌はザラザラなので、毛づくろいをすると櫛の要領で毛をすき取って飲み込んでいるんです。その毛は消化されないので、ウンチとして排泄されたり、口からまとめて吐き出されたりして体外に排出されます。
吐き出す頻度は様々で、全く吐かない場合でも通常ウンチとともに排出されている事が多いので、元気食欲があれば心配いりません。

うちの猫たちの場合、家猫サスケは滅多に吐かず、モモタロウは前回吐いたのを忘れたころに吐き出し、2~3日続きます。院内猫ジジも滅多に吐きませんが、数年前に腸に毛玉が詰まりちょっと大変な目に遭わせてしまいました...。キキはここ最近吐く事が多く、毛玉除去剤を毎日与えています。こんな感じで猫によって違いますよね。

ちゃんと毛玉が体外に排出されれば良いのですが、毛玉が口からもお尻からも出ず、胃や腸にたまってしまい、食欲不振や吐き気、便秘といった症状が現れる事があります。これを「毛球症」といいます。
重症になると、脱水症状を引き起こして死に至る場合もあり、開腹手術で毛玉を取り出さなくてはなりません。ジジはこの一歩手前までの状態でした(-_-;)

飼い主さんが出来る予防としては、ブラッシングをしてあげる事です。また飲み込んだ毛を体外に排出しやすくする為に、植物繊維が多く含まれている「ヘアボールケア」機能の高いフードを食べさせる事も効果的です。

猫が嘔吐する原因はもちろん毛玉だけではありません。吐く頻度が多いようなら、別の病気の可能性もありますので、ご相談頂ければと思います。


↓時々仲良しな二匹

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年10月 1日 月曜日

前庭疾患後のケアにもマッサージ♪ コリー14歳 

先日当院看護師スタッフの実家のワンちゃん13歳が大きな発作後に立ち上がりずらくなってきたとのことで
マッサージ&タッチケアを伝えに行ってきました♪

以前の前庭疾患の後遺症もあったので首が左に傾き下を向いてしまいます、顔が上手に上に持ち上げられない様子でしたが、足腰は意外としっかりしていて、立ち上がってさえしまえばスタスタ元気におうちの中を歩きますが、立ち上がるのが辛そうでよっこらしょという感じでした。

マッサージで体を緩めてタッチケアで体の意識をさせてあげることですんなり立ち上がりもできるようになって、顔も少し上にあげれるようになりました


後日連絡をいただいて、
頭がずっと下を向いてたのが視線が合うようになりうれしい♪
マッサージをするようになったら全然違う!若返った!
続けてやってみます♪とうれしいご報告がありました♪



ドコモ揉んだりしないので素人の方が行っても安全なマッサージ、優しいタッチであればあるほど実はよいのです。
レッスンではご家族にそれを体で体感していただいています♪

みなさん歩けなくなって様子をみてしまってから駆け込まれる方が多いですが
シニアの時期や、前庭疾患の後遺症も早いうちにご相談ください、
発作予防にもぜひ様子をみないで、マッサージを取り入れていただくことをお薦めします♪
もちろん寝たきりになってからもマッサージは床ずれ予防や体のQOLに必要不可欠です♪

プライベートで行いますので、落ち着きのないこも、怖がりさんも安心してご参加ください♪

★プライベートマッサージレクチャー
★プライベートシニアケア相談
★プレシニアケア
★はみがきレッスン 

ペットケアブランケット主催
https://b-ket.jimdo.com/

くりの木動物病院スタッフ 藤本
TEL 045-367-9482

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31