クリニックBLOG

2018年9月23日 日曜日

マッサージレクチャー♪ ダックス7歳

先日マッサージのレッスンをしました。

お母さまがワンちゃんのマッサージを自分で出来るようになりたいとのことで
しっかり学ぶ90分コースをチョイスしてくださいました♪

皆さん苦心する、意外と難しいポイントの手技も上手にこなすお母さん
これは何かある!?...と思いお聞きしたら
やはりピアノを弾かれていたとの事で指使いがとても上手です♪

怖がりさんで、びくびく、マッサージも最初は戸惑っていた7歳マリリンちゃんと
馴れないマッサージに少し体が緊張気味だったお母さんが緩んでくると
終わるころにはこんなにまったりお母さんのマッサージにトロンとなっています♪
この姿をみるとほっこりしますね♡



そして それだけではなく、体も緩み、被毛ツヤツヤで
おメメぱっちりスタスタ歩きになりました♪
元気になってなんだかとっても凛として若返えりました♪



プライベートで行いますので、落ち着きのないこも、
怖がりさんも安心してご参加ください♪

★プライベートマッサージレクチャー
★プライベートシニアケア相談
★プレシニアケア
★はみがきレッスン 

ペットケアブランケット主催
https://b-ket.jimdo.com/

くりの木動物病院スタッフ 藤本
TEL 045-367-9482

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年9月12日 水曜日

モモタロウの長い家出~無事に帰還~

 先日のブログで飼い猫モモタロウが逃亡してしまい、捕まらないというお話をしました。
捕獲機を3つ駆使しても、おとりの餌だけ食べ、一向に捕まらなかったのですが...。17日後に家の玄関ドア(少し開けていました)から、いつの間にか帰宅(笑)
帰宅直後はモモタロウも興奮していて、触ることが出来なかったのですが、翌日には甘ったれに戻りました。

ちなみに今年の夏はキャンプに行ったのですが、サスケとモモタロウは家でお留守番。ジョー君は病院にお泊り。
一泊して帰り、「ただいま~」と部屋に入った途端、モモタロウに威嚇されました。私たちの事を忘れていたようです。
サスケはいつも通り無視でした。そんな猫たちです。




↓やっぱり家の方が落ち着くな...と思っているはず?

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年8月26日 日曜日

歯みがきレッスン

M.シュナウザーの4ヶ月のアンディ君が歯みがきレッスンに参加してくれました。

アンディ君はとっても元気な可愛い男の子です♪
飼い主様もお散歩も元気すぎて大変~!と嬉しそうにお話してくれました♪
当レッスンでは、最初に歯周病について紙芝居を使って座学をします♪

アンディ君はいつも家でガーゼを使ったお口のケアがなかなか出来ないとのこと。
実際ちょこっとやってもらうと、やはり顔回りだけでなく、首回りに手がきても嫌々してしまいます。

こういう場合には、歯みがきから少し離れて、
まずは体を心地よく触れることを体得していただいています。
診察台で、タオルをかじってワサワサじっとしていなかったアンディ君ですが、



体からのアプローチで段々落ち着いて、
気持ちよさそうに口回りマッサージも受け入れてくれます。
おまけに背中もピカピカの艶になって飼い主さんもびっくり♪

家でもこうなるために飼い主様に心得のコツをお伝えして、
スモールステップで成功体験を踏むことをレクチャー。 
やってるうちに、つまづきそうなポイントもお伝えします。

歯みがきの仕方を教えるだけでなくて、
アプローチの仕方を丁寧にお伝えしているのは
歯みがきは今すぐ出来るようにと頑張りすぎると失敗して続けられないからです。

最初の段階を辛抱強くじっくりすることで、
後の何年間もお互いストレスなくケアができるようになります。
これが出来るとおそらく他の事にもいろいろ流用して
絆を深めることが出来ますよ♪

せっかちな性格の方にはスモールステップ方法が
逆にイライラして続けられないかもしれません。
歯みがきほどの効果はないけれども
歯みがきでなくても出来るケアもお伝えします。

無理やりさせる歯みがきではなくて、
楽しい時間になるようにを目指した歯みがきレクチャーを心がけています。
興味があればぜひご参加くださいね♪



★プライベートマッサージレクチャー
★プライベートシニアケア相談
★プレシニアケア
★はみがきレッスン 

ペットケアブランケット主催
https://b-ket.jimdo.com/

くりの木動物病院スタッフ 藤本
TEL 045-367-9482

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年6月25日 月曜日

熱中症

 いつの間にか梅雨が明けて、暑くて蒸し蒸しした日が続いていますね。
こんな日は、昔の出来事を思い出します。以前の病院で働いていたとき、とても元気なコーギーの子が通ってくれていました。
いつも走り回っていたので「弾丸○○君」とあだ名を付ける程だったんですが、ある日飼い主さんから「出かけて帰ってきたら、○○君が倒れている」と電話がありました。
結局亡くなっていたのですが、熱中症でした。クーラーをかけ忘れていた為でした。こんな日はあの子を思い出します。

 熱中症になると、急激な体温の上昇(40℃以上)・口を大きく開けて息苦しそうな呼吸・大量のよだれ・嘔吐下痢・一時的にふらついて倒れる・目や口腔粘膜の充血などの症状が出ます。重症だと、失神・ふるえ・意識混濁・けいれん・出血症状・チアノーゼなどが起こり、最悪ショック症状を起こし死亡する可能性があります。

 犬や猫は、人間のように全身で汗をかくことが出来ません。汗腺が足の裏の肉球など限られた部位にしかないためで、熱が体にこもりやすく、体温調節が苦手です。その分、人間以上に熱中症のリスクが大きいのです。人間が「今日は暑いな~」と感じている日は犬猫も「今日すっごい暑いじゃん!」と感じているのです。

〇犬の熱中症対策
 室内では十分な飲み水を用意、風通しを良くし、クーラーや扇風機などで適温に調節しましょう。アルミプレートや冷感シートなどのひんやりグッズも効果的です。せっかく買ったのに乗ってくれないというお声も多いですが...。
散歩の時間帯も注意が必要です。夏場は道路が非常に熱く、素足で歩いている犬にとって負担が大きくなります。散歩に出る前に道路を触って熱すぎないかチェックしてみて下さい。保冷剤を入れて首に巻くクールバンダナなども良いですね。

〇猫の熱中症対策
 室内で飼われている事が多い猫は暑いときは風通しの良い場所や日陰で寝転がって体温調節します。サスケもクーラーガンガンの部屋ではソファーでふんぞり返っていますが、温度を上げるとそそくさと床やソファーの下で寝始めます。猫はあまり水を飲まないので、水分補給にはウェットフードやスープ類などのフードを活用してあげると良いですね。



↑実はうちのモモタロウが脱走してしまい、2週間が経過しました。目撃情報は多々あり、先日も庭に現れ、私に気付いたのに一目散に逃げていくモモタロウの後姿をむなしく見送りました。大風・大雨・酷暑にも耐え、すっかり野生に還ったあいつ...本能でそれらを乗り切っているんですね。すごいけれど早く捕獲したいです。


投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

2018年6月25日 月曜日

マッサージレクチャー♪ チワワ7歳 6歳

今回はあんずちゃんとモモコちゃんがマッサージレクチャーを受けに来てくれました。
あんずちゃんは、時折ナックリング症状が出たり、痛みが出たりすることがあるので、その予防にマッサージを取り入れるために参加してくださいました。

お母さんは太極拳をされてるそうです。
呼吸や、身体、心の状態を整える重要性をご存知なので、
それは、ドッグマッサージにもとても大切なことだとピンときて頂けたようで嬉しかったです♪

マッサージといえば、人間の整体のように強く揉みほぐすイメージをお持ちかもしれませんが、
そのようにすると、動物の体に気付かずにダメージを与えていることがあります。
こちらでは、安全でより体にやさしいマッサージやタッチケア方法をお伝えしています。









お母さん、最後はとっても上手にマッサージをされていました♪
あんずちゃんも、段々と眼がトロンとなって気持ちが良さそうでした♪

人間のリンパマッサージも肌力UP、シェイプアップ、免疫アップしますが、
動物も被毛の艶が増して、目もぱっちり、体もむくみが軽減されて、心なしかくびれも出現します♪
気持ちよさそうですね♡

モモコちゃんのお写真は取り忘れてしまいましたが、
とっても健康で、あんずちゃんよりちょっとふっくらしたかわいいチワワちゃんでしたよ♪

関節炎を起こしやすい犬、皮膚の弱い犬、シニアのケア、歯みがき出来ない動物、興奮しやすい、ブラシが苦手...
など、その子のお悩みに合わせてレクチャー致します♪


日月火の午後の休診時間に開催します。
(その他曜日応相談)
お気軽にご相談ください。
★プライベートマッサージレクチャー
★プライベートシニアケア相談
★プレシニアケア 
★口腔ケア 

ペットケアブランケット主催
https://b-ket.jimdo.com/
受付藤本

TEL 045-367-9482

投稿者 くりの木動物病院 | 記事URL

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31