犬のデンタルケア

犬のデンタルケア(歯石・歯周病対策)

皆さまはワンちゃんの歯石や口臭などお口のトラブル気になりませんか?
実際、イヌとヒトでは口の中の環境はかなり異なります。また犬種やその生活環境によっても口の中のトラブルは変わってきます。

①犬は虫歯になりにくい?
イヌとヒトでは口の中のpHが異なります。ヒトでは口腔内のpHは6.5~7程度と弱酸性なのに対し、イヌはpH8~8.5とアルカリ性になっており、イヌの口の中では虫歯の原因菌が繁殖しにくいといわれています。またイヌの唾液中にはアミラーゼなどの炭水化物を分解し、糖分を生成する酵素がありません。そのためイヌでは虫歯にほとんどなりません。


②イヌによくみられるお口のトラブルってどんなものがあるの?
歯周病
歯垢や歯石が原因で歯の周りの組織に炎症が起こります。イヌ・ネコでは実に3歳以上の8割が罹患していると言われています。
破折・咬耗
固いおもちゃなどを咬んで歯が折れたり、擦り減ったりするとそこからばい菌が入ってしまい歯の根っこの方が膿んでしまうこともあります。
不正咬合
とくに小型犬などでよくみられる歯並びや噛みあわせの異常です。乳歯遺残もその原因の一つとなります。

歯に付いた歯垢は約3日で歯石になると考えられています。一度、歯石になってしまうと、おうちで取り除くことはかなり困難です。そのため日常的なデンタルケアが非常に重要です。
*もし歯が黄~茶色くなっていたり、歯ぐきがあかくなっているようならば動物病院に相談して下さい。


デンタルケアは次の3ステップで慣らしましょう!

1ステップ:まずは指で歯や歯ぐきをやさしくマッサージしましょう。

2ステップ:慣れてきたら濡れたガーゼなどを指に巻いて歯の表面を磨いてみましょう。
        
3ステップ:歯ブラシを使用して歯の表面、慣れたら歯の裏側まで磨いてみましょう。


〇歯ブラシは小さめで毛が軟らかいものを使用しましょう。
〇まずは匂いをかがせたり、舐めさせたりして歯ブラシに慣らしましょう。
〇動物用の歯磨きペーストなどもあります。(人間用は使用しないでください。)


 
必ず1つ1つのステップでご褒美などを与えながら、決して焦らずにデンタルガムなどを使用しながらゆっくりと段階を上げていきましょう。